狭小住宅を建てるには

狭小住宅は一般に約15坪以下の土地に建てられている狭い家ですが、元から土地の面積狭くて土地購入費用低く抑えられる以外に、都市部において変形地など建築上のいろんな制限が加わって、単価さらに下がったりします。そして、限られた敷地生かすには垂直方向である建ての空間を活用してください。そして地下室は一定条件満たすと、光などを通す居住空間となり、屋上はガーデニング、憩いの場など戸外の居室として利用可能です。ですが、すべての場所でそうして土地活用できるのではなくて、周辺環境などにより建築基準法に制限されることもあり、事前に不動産会社などにチェックしておいてください。そして、狭小住宅はいろんな条件により建てられる家、コストが大きく変わります。狭小住宅だからこそまず大事にしてもらいたいのは暮らしやすい家であることです1回に洗濯機、3階に物干しなどの家は不便です。家族の生活パターンを踏まえプランニングをして下さい。そして、次考えたいこととして、いかにして広く快適空間演出するかです。そして小さい家といってキッチンアド小さくすれば、とても暮らしにくい家になります。まず大事にしてもらいたいのは暮らしやすいことです。広く取る別記場所は広く狭くていいところは狭くメリハリきいたプランを考えることにより工夫しなくてはならないポイントが見えてきます。そして、エアコン室外機、給油機器設置なら、設置場所はなるべくメンテナンスしやすいところにしましょう。密集地は外の音など音漏れも気になったりします。外壁材の防音もかんがえて下さい。そして狭小住宅は排水管の音なども気になったりして、どの経路たどり外に出してくのかも設計段階で事前にチェックして下さい。1階、2階の間に中2階をもうけるスキップフロアは床面積計上されておらず、空間広く使えて、固定資産税の対象にならないなど税金対策面で工夫可能です。そして、昔から日本は長屋など狭い空間でも十分快適に暮らせる知恵を見出して来たのです。狭小住宅も先人の知恵と一緒でいろんな工夫次第で住み心地のいい家になるはずです。そしてその実現に今まで紹介した狭小住宅に対して工夫を知っているかどうかが大きく差がつくのです。また自分のアイディア形になって理想に近い家をつくる点が注文住宅の良さです。