新築住宅は構造をしっかりと

新築でマイホームを建てています。なんだかんだと、建売住宅では建てずに、注文住宅で家を建てることになりました。なぜかといえば、注文住宅で建てるマイホームの方が全体の費用を低く抑えることができたからです。

私の知り合いの建築家曰く、「一般住宅の建設費は、ほとんど住宅設備の値段だ」ということで。確かに、新築注文住宅を建ててみて、そのことはよくわかりましたよ。住宅を建てることにかかるお金自体はそこまで大差はないのです。それではどこで家の値段の金額差が出るのかと言いますと、それは住宅設備のお金なんですよね。

当たり前のことですが、ハイスペックな住宅設備を入れれば、その分家の建設費全体が上がります。逆に最低限の設備を入れれば、家の値段は建売住宅よりも低価格となります。すごくわかりやすいのですよね。

ただ私は、住宅設備はさておいて新築マイホームの構造に関わるお金はケチりたくはなかったのです。ですから、注文住宅で建てました。基礎工事や断熱材などにはしっかりとお金をかけたいと思いましたし。金額調整ができた点も注文住宅で建てて良かったと思う点です。