家は住んでみない分からない

新築でマイホームを建てる時は、それはもうワクワクしました。そしてまた、義父の知り合いの建築家にお願いして、注文住宅で一戸建てマイホームを建てましたから、それはもう理想形だというものでしょう。

ですから、途中でモチベーションが維持できそうになくなったこともありましたけれど、住宅完成まで走りきりました。注文住宅になると決めることが多いのですが、しかし憧れの一戸建て住宅なわけですから、だれずになんとか家の完成まで頑張りました。

ですから、新築入居時にはとても緊張したものです。なぜかというと、せっかくの注文住宅マイホームを傷つけないようにと、とても緊張したのです。引っ越し前には何度となく住宅見学はしているのですが、家具を運び込むとなれば緊張感が違いますよ。

賃貸物件ではなく、所有する一軒家ですからね。傷なんてつけたら心のダメージが大きいものでしょう。ですから新築入居時はとても慎重になったものです。その後子供が生まれるとともに、あっという間に傷が増えていきましたけどね…。そして「傷が目立たない色味のフローリングにすれば良かった」という後悔ですよ。注文住宅は自分で決められますが、実際に住んでみないとわからないところは大きいですね。